審判員制度・指導者資格制度

審判員・指導員についてのご案内です。

 

審判員制度について

一般財団法人 日本ドッジボール協会の主催する試合、及び加盟団体である各都道府県ドッジボール協会が主催する試合、または日本ドッジボール協会公式ルールにて開催される主催する試合の審判を行うため審判員を養成しています。

JDBA公認審判員には満18歳以上であればどなたでも受講することができます。

チームの保護者の方はもちろん、選手の方、指導者の方、とにかく興味がある方どなたでも受講できます。

まずは、C級審判員からスタートになります。

※大阪府協会では、このほかに中学生1年生~18歳未満を対象としたジュニア審判員制度も設けております。

 

》JDBA公認審判員制度

》大阪府協会:新規C級員・ジュニア審判員認定会開催について

》大阪府協会:帯同審判員制度について



指導者資格制度について

日本ドッジボール協会は、日本体育協会公認スポーツ指導者制度へのドッジボール競技として参画を目指し、新たにJDBA公認指導者制度を2014年度より立ち上がりました。
日本体育協会からの助言に基づき2017年度を目途に「JDBA公認指導者資格」の取得を『D-1』チーム登録要件として、義務化する方向で準備が進められています。

》JDBA指導者資格制度

》大阪府協会:集合学習開催について